つむじが薄い高校生(女)の4つ対策法と費用とは?

つむじが薄い、てっぺんが薄い場合の4つの対策法と費用について

薄毛改善のポイント3

 

ポイント3では、実際にハゲ薄毛に悩む女性が薄毛対策を行う際、どのような選択肢が今あるのが詳しくわかりやすく説明していきます。

 

また、薄毛がどのくらいの進行具合ならまだ治療可能か、どの年齢が治りやすいかなども説明していきます。

女性の薄毛治療は大きくわけて、この4つにわかれる

選択肢としては、大きくわけて4つあります。

 

 

  • 生活習慣の改善だけで自力で治す
  •  

  • 自宅で育毛剤+育毛サプリを使って治す
  •  

  • 皮膚科で治療する
  •  

  • 女性薄毛治療の専門クリニックで治療する

 

 

 

治療法のメリットとデメリット

治療法 メリット デメリット
生活習慣の改善 身近などころから手軽に始められる。 自力で治すのは至難のわざ。治る確率はほとんど運まかせ。
自宅で育毛剤+育毛サプリメント

薄毛治療のクリニックに近い治療が自宅でできる。
だれにもバレず、1人で治療ができる。

効果のある育毛剤、育毛サプリは大抵ネット販売のため、購入する手間が多少ある。
皮膚科 全国どこにでもあるため、通いやすさが魅力。 病院、担当医によって対応が様々。当たりハズレがある。
薄毛治療の専門クリニック 内服薬、外用薬の処方はもちろん、育毛メソセラピーなど最新の治療が受けられる。

費用の負担が大きい。月々2万〜3万以上。
東京、大阪など主要都市にしかないことが多い。

 

 

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

 

生活習慣の改善だけで自力で治す

バランスのいい食事

 

 

生活習慣の改善とは、

 

 

  • ストレスを解消する
  •  

  • 睡眠不足を解消する
  •  

  • 食生活のバランスに気をつける
  •  

  • 過度なダイエットをやめる

 

などがあります。
お金をかけず始めることができることので、ハードルの低さが魅力です。

 

 

ですが、薄毛が気にならなくなるほどに回復するまでには時間がかかり、年単位の期間が必要です。
「納豆を毎日食べる」「豆乳を飲む」など、できそうなことが始める人が多いですが、効果が小さすぎて年月をかけた割に、結局何も効果がなかったということ人が多い傾向にあります。

 

 

 

そのため、実際に薄毛を回復したという報告もあまりなく、満足するほどの効果をだすのは至難のわざです。

 

 

 

自宅で育毛剤+育毛サプリを使って治す

 

サプリをのむ女性

 

育毛剤+育毛サプリで治す。
最近選択肢として、これを選ぶ人が多いです。

 

育毛剤と育毛サプリを同時に使うことがポイントで、「育毛剤だけ」や「育毛サプリだけ」では効果が期待できません。

 

 

薄毛治療の専門のクリニックでは、基本的に飲む育毛サプリメントと頭皮につける外用の育毛剤を同時に処方して患者が使用します。
これと近い治療を自宅ですることができます。

 

 

主に効果の高い育毛剤と育毛サプリはネットでしか手に入れられないため、ドラッグストアで気軽に買うことができないのがデメリット。
ですが、クリニック並の本格的な治療が自宅ででき、誰にも相談せず1人で治療ができて、費用も抑えられるのが最大のメリットです。

 

 

皮膚科で治療する

皮膚科

 

皮膚科で相談して、薄毛の治療薬をもらい治療する方法です。

 

 

皮膚科はどこにでもあるので、通いやすいのがメリット。
また病院にいっても、薄毛治療以外の患者さんもいるため、待合室で恥ずかしさも感じない。
ただ、薄毛の悩みで病院に行くこと自体が勇気がいります。

 

 

治療方針や治療薬がその病院ごとに様々。担当医の女性の薄毛に対する理解や知識もバラバラなので、病院によって当たりハズレがあるのがデメリット。

 

 

担当するお医者さんによっては「気にするほどではない」などと適当にあしらわれたり、処方される治療薬も気休め程度のものしか出してもらえないことも多々あり。

 

 

女性の薄毛治療に力を入れている皮膚科であれば、パントガールなど本格的な女性の薄毛治療薬をだしてくれる皮膚科もある。
※パントガールは女性の薄毛を治す有名なサプリメント

 

 

皮膚科によっては女性の薄毛治療を行っていないところもあるので、事前にホームページなどで調べておく必要あり。

 

 

 

女性薄毛治療の専門クリニックで治療する

 

薄毛治療

 

女性の薄毛専門のクリニックは、パントガールをはじめ、女性の薄毛治療に効果のある薬を必ず処方してくれ場合によっては、育毛剤リアップに代表されるようなミノキシジル配合の発毛効果のある育毛剤も処方してくれれます。

 

 

皮膚科との主な違いが、担当医が女性の薄毛治療にとても理解があるので患者さんによって最適な提案ができる、信頼感があるという点。
また、パントガールの内服薬、ミノキシジルの外用薬以外にも、育毛メソセラピーといって頭皮に育毛成分を直接注射して育毛効果を高める治療を行うクリニックもあり、薄毛の改善率が一番高いのも魅力。

 

 

デメリットとしては、費用面。

 

内服薬や外用薬は、もともと保険が効かないので皮膚科で処方されても、専門クリニックで処方されても、それほど差はない。
だが、皮膚科と違い一番最初に血圧や血液検査などが行われ、薬をもらう前の検査の段階で2万〜3万ほど費用が発生する。
※処方する薬が患者さんに害がないか調べるための検査です

 

 

また、育毛メソセラピーなどの治療は一回10万前後などやはりお金がかかる。
クリニックから提案される治療内容によて20万〜100万以上など、高額な治療費がかかる。
保険も適用されない。

 

待合室などでは、他の患者さんと鉢合わせることもあるため、気まずい空気で診察を待つのを嫌と感じる人もあり。

 

4つの治療法の費用を比較。

紹介した4つの治療法を比較します。

 

治療期間は、どんなに短くても2〜3ヶ月は必要ですが、仮に3ヶ月とします。
使用する育毛剤や、どこの皮膚科、クリニックかにもよって価格はバラバラなのでだいたいの平均値で表示しています。

 

治療法の価格比較

治療法 治療期間 治療費用
生活習慣の改善 3ヶ月 その人次第。
自宅で育毛剤+育毛サプリメント 3ヶ月 5千円以上〜2万以下
皮膚科 3ヶ月 3万〜9万円ほど
薄毛治療の専門クリニック 3ヶ月 10万円〜30万以上

【よくある勘違い】女性の薄毛はシャンプーでは治らない。

シャンプー

 

育毛初心者にありがちなミスが、薄毛をシャンプーを変えてなんとか対策しようとする人です。

 

 

世の中には髪にいいと言われているシャンプー、育毛シャンプーというものがありますが、女性の薄毛はシャンプーでは100%治りません。

 

ポイント1でも説明したとおり、女性の薄毛のほとんどは「びまん性脱毛症」といって、主にホルモンバランスの崩れからくるものです。

 

 

シャンプーには、当たり前ですが女性のホルモンバランスを正常化する効果はありません。

 

 

ですが、薄毛の中には頭皮環境が極端に荒れてて、その結果薄毛になる人もいます。

 

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)、脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)といったものです。

 

 

粃糠性脱毛症は、頭皮が極端に乾燥しており、フケや痒みがひどく毛根が炎症を起こし髪が抜けるタイプの脱毛。
脂漏性脱毛症は、頭皮が極端に脂性で、ですぎた頭皮の脂で毛根が炎症を起こし髪が抜けるタイプの脱毛です。

 

 

こういった頭皮環境の悪化でおこる脱毛については、自分の頭皮にあったシャンプーを選ぶことで脱毛が緩和するケースがあります。

 

男性の薄毛治療と女性の薄毛治療の違い。女性は体質改善がゴール。

笑顔の女性

 

 

  薄毛改善前 薄毛改善後
男性の薄毛治療 AGAという進行性の病気を薬や育毛剤を使って治療する。

薄毛が改善しても、薬や育毛剤を使い続けなければまた薄毛にもどる。
コスパが悪い。

女性の薄毛治療 育毛サプリメントや育毛剤を使って治療。ホルモンバランスを正常に戻すのが目的。 薄毛が回復したあとは、再発しないよう生活習慣の改善につとめる。育毛サプリメントや育毛剤を使い続ける必要もなく経済的。

 

 

男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)とよばれる、進行性のいわゆる「病気」であるため、プロペシアやミノキシジルなどといった薬、育毛サプリメントなどを使用し続けなければいけません。
そのため、使用をやめるともとの薄毛に戻ってしまいます。

 

薬も永遠に使い続けなければいけなく、コストパフォーマンスはよくありません。

 

 

女性の薄毛は、ほとんどがホルモンバランスからくるものなので、ホルモンバランスの改善がゴールです。
ホルモンバランスが正常化したあとは、そのまま放置してても自然と髪が生えてきます。

 

 

そのため、ホルモンバランスを改善したあとも、治療薬を使い続けなければいけないということもなく、再発しないように生活習慣を改善を気をつけるようにします。

 

 

このように、女性薄毛治療は最初こそお金はかかりますが、薄毛回復後はサプリや育毛剤の使用が必要でなくなるため、男性の薄毛治療と比べるとコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

初めて本気で治療するなら自宅で育毛剤+育毛サプリがベスト!

 

育毛剤と育毛サプリメント

 

 

これまで主に4つの治療法を紹介してきましたが、はじめて本格的に治療を考えている育毛初心者の場合、自宅で育毛剤+育毛サプリメントから初めてみるのがベストです。

 

その理由として

 

 

  • 薄毛治療の専門クリニック近い効果が実感できる
  •  

  • 効果がないと感じたら全額返金できるメーカーが多いため金銭的負担とリスクが少ない
  •  

  • 自宅で1人で治療できるため、近くに専門クリニックがなくても問題ない
  •  

  • 家族、お医者さんにも相談せず1人だけで薄毛治療ができる

 

 

また、薄毛治療の効果は個人差があるため、例えば薄毛治療専門のクリニックで何十万も払っても治らない人もいれば、自宅で育毛剤+育毛サプリメントで治る人もいます。

 

 

育毛剤+育毛サプリメントでもしなおらなくても、全額返金などを利用すれば経済的な痛みはとくにないです。
ですが、クリニックで何十万も払って治りませんでしたでは、同じ治らないでも精神的、金銭的ダメージの大きさが全然違います。

 

 

つまり、最初は小さい費用「育毛剤+育毛サプリメント」ではじめて、ダメなら皮膚科やクリニックなどに治療方法を変更するほうがあとあと損せずに済みます。

薄毛対策を早めにしなければいけない2つの理由とは?

 

よく薄毛治療は「気づいたら早め早めに対策しましょう」といわれます。
薄毛の進行がまだ初期段階であれば、まだ治る確率は高いです。

 

初期段階では、まだ毛母細胞のパワーが残っているため髪を生やすことが可能

 

これは男女ともに共通する点ですが、薄毛は発症してから時間がたてばたつほど治りにくくなります。

 

 

それは、髪を成長させたり、髪を生やす機能をもつ毛母細胞が関係しており、この毛母細胞は薄毛が始まると徐々に徐々に細胞のパワーが弱まってくるからです。

 

 

ポイント2で紹介した女性のつむじハゲ、てっぺんハゲの基準である下記画像の、初期段階程度の症状であれば、まだ毛母細胞のパワーは残っているため治療して治る確率は高いです。

 

 

女のつむじハゲ

 

女のつむじハゲ

 

分け目ハゲの女性

 

女性のつむじハゲの画像

 

女性のつむじハゲ枝分かれ

 

 

10代〜20代前半は低予算で薄毛を回復できる最後の年齢

薄毛で悩む女性

 

薄毛治療の効果は、薄毛の進行具合だけではなく年齢も影響してきます。

 

 

一般的に、お年寄りも年齢が若い方が薬の効き目がいいことが多いですが、これは育毛にも当てはまります。

 

30代や40代の薄毛治療に比べると、10代〜20代前半ぐらいまでは比較的、育毛剤や育毛サプリメントの効果が高いです。
それが、20後半ぐらいになってくると、途端に効き目が弱くなってくる傾向があります。

 

 

年齢を重ねるとより、強い効果の治療でないと対処できないことになり、薄毛治療の専門クリニックでないと治らなくなってしまいます。

 

 

そうなると、10代や20代前半なら、育毛サプリ+育毛剤で治療費5千円以上〜2万円以下で治せたのが、治療を放置していたがゆえに育毛サプリや育毛剤での治療の効果がでなくなってしまいます。
そうなると残りは専門クリニックでの治療のみしか選択肢がなくなり、結果数十万円の治療費がかかってしまいます。

ポイント4のまとめ

ポイント4では、女性の薄毛治療の選択肢とそのメリット、メリットなどを詳しく説明しました。
まとめると・・

 

 

  • 女性の薄毛治療には「生活習慣の改善」「自宅で育毛剤+育毛剤サプリ」「皮膚科」「専門クリニック」の4つの選択肢がある
  •  

  • 女性の薄毛はホルモンバランス正常化がゴールで改善した後は治療薬を使わなくていいので男性の薄毛治療と比べると経済的
  •  

  • 初心者は「自宅で育毛剤+育毛サプリ」がリスクが少なくハードルが低いのでおすすめ
  •  

  • 薄毛は進行すればするほど治りにくくなり、育毛剤、育毛サプリの効果は10代〜20代前半までが一番効果がでやすいので早め早めの治療が◎

 

 

次のポイント4では、育毛を初めて女性の薄毛が治るまでの期間と、治ったあとの再発防止法について説明していきます。

 

 

女性の育毛初心者は必ず見ておきたいページ

女性の本当に良く効く育毛剤ランキング

 

イクオス女性の効果〜治った体験談〜