高校性(女)のハゲの原因

10代の女子高校生でもできる女性の薄毛対策の失敗しない5つのポイントを紹介。

女性の薄毛対策ポイント1

 

ハゲ治った女子高校生

 

上記画像は、10代で薄毛になり育毛剤で薄毛を治した女子高校生の回復過程を画像にしたものです。
このように薄毛をなおすために必要なポイントを5つに分けて紹介していきます。

 

 

今、女性の薄毛は自宅で1人で治せる時代ですが、間違った知識、対策法を行うと本来治る薄毛が治らなくなります。

 

 

5つのポイントを理解することで正しい治療方法や育毛剤の選び方、使い方、購入方法まですべて分かります。

 

 

 

また、薄毛を克服することで

 

  • 薄毛で鬱々として気分から開放される
  •  

  • 薄毛から開放されて、好きな髪型に挑戦できる
  •  

  • 学校、職場、外出時に周りの視線が気にならなくなる

 

など、たくさんのメリットがあります。

 

 

薄毛を克服した女性

 

 

 

失敗しないために5つポイントにまとめました。

 

  1. 女性薄毛の4つタイプと原因を知る
  2. てっぺんハゲ、つむじハゲの基準を画像を見て確認
  3. 女性の薄毛治療4つの選択肢と予算、 治りやすい年齢
  4. 女性の薄毛が回復する期間と再発防止法
  5. 実際に薄毛が改善した人の育毛剤と使い方、購入方法

 

 

このように薄毛を治すには、まず薄毛の原因を知ることが重要です。

 

 

なぜなら、一時的に育毛剤で薄毛を回復できたとしても根本的な原因が改善されていない場合、薄毛が再発する場合があるからです。
これから紹介する薄毛を治す5つのポイントでは、下記の内容でじっくりわかりやすく紹介していきます。

 

 

家族に相談しても気にしすぎといって相手にされない、病院で相談しても適当な薬を処方され満足される改善がされないと不満に思っている人も少なくないのではないでしょうか。

 

 

正しい知識と正しい方法を知れば、1人で薄毛を治すこともできます。
少しでも薄毛の不安がある人はぜひ読んでください。

 

【自分の薄毛のタイプはどれ?】女性の薄毛のタイプは大きく分かれて4つ!

女性の薄毛のタイプは次の4つに大きく分かれます。
自分がどのタイプの薄毛なのかによって対策法が変わってくるので、どれが自分の薄毛のタイプか見極めましょう。

 

 

  • びまん性脱毛症
  •  

  • 分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)
  •  

  • 牽引(けんいん)性脱毛症
  •  

  • 円形脱毛症

 

 

それぞれ説明していきます。

 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

 

女性で一番多い薄毛のタイプです。女性の薄毛の85%がびまん性脱毛症といわれています。

 

男性のように、生え際の後退やつむじ周りが丸く髪が抜け落ちるのではなく、髪全体が均一に薄くなるタイプです。

 

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

 

分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)とは、女性が子供を出産したあとに抜け毛が急に増え、髪が薄くなる症状です。
女性の体は妊娠時は、女性ホルモンの量が増えますが、出産後は一気に女性ホルモンの量が減っていきます。
その女性ホルモンの分泌量の落差で、ホルモンバランスが崩れ、髪が抜け落ちてしまいます。

 

対策は特に必要なく、出産後数ヶ月から半年で抜け毛が落ち着き自然と薄毛が直ります。

 

牽引(けんいん)性脱毛症

牽引性脱毛症

 

牽引(けんいん)性脱毛症とは、ポニーテールや三つ編みなど髪を日常的にひっぱる髪型をしているとおこる薄毛の症状です。

 

髪がひっぱられる生え際や、分け目などから薄くなります。

 

対策としては、常に髪をおろすなど髪に負担をかけない髪型にすると徐々に治っていきます。

 

円形脱毛症

円形脱毛症

 

頭部の一部の髪がぽっこり穴が空いたように髪が抜け落ちてしまう薄毛のタイプです。
急激なストレスが原因であることが多く、ストレスのもとがなくなると自然となおっていきます。

 

自分でストレスの原因がわからない、解消方法が分からない場合は基本的にまず皮膚科で相談します。
診察の内容によっては、精神科や心療内科を紹介される場合もあります。

 

 

【簡単!】自分がどのタイプの薄毛かを見極める方法とは?

疑問に思う禿げた女性

 

 

自分の薄毛がどのタイプかは、基本的に消去法で考えていけば分かりやすいです。

 

 

まず、髪の脱毛の状態によって2つに分けることができます。

 

 

びまん性脱毛症、分娩後脱毛症、牽引性脱毛症はどれも似ており、全体的に髪が薄くなるタイプです。
ですが、円形脱毛症は下記画像のようにぽっこり穴があいたように毛が抜け落ちるタイプなのでだいぶ分かりやすいと思います。

 

円形脱毛症

円形脱毛症の場合はぽっこり穴があいたように髪が抜ける

 

 

もし上記のような脱毛でなければ、びまん性脱毛症、分娩後脱毛症、牽引性脱毛症の3つに絞られます。
ですがこの3つは、見た目で見分けるのが難しいです。

 

 

分娩後脱毛症は出産後の脱毛なので、出産後でない人は当てはまりません。

 

 

また普段、ポニーテールなど髪をひっぱるタイプの髪型にしていない場合は牽引性脱毛症も当てはまりません。
負担、髪に負担のかかる髪型にしていた人は、髪をおろすなど、髪をひっぱるタイプの髪型に変えて様子をみてください。

 

髪型を変えて、1〜2ヶ月以上たっても「抜け毛が減らない」「薄毛の改善がしない」場合は、牽引性脱毛症ではない可能性が高いです。

 

 

こういった場合、消去法で、残りはびまん性脱毛症になります。

 

次からは、女性の薄毛で85%を占める、びまん性脱毛症に焦点をしぼって話をすすめていきます。

 

びまん性脱毛症になりやすい人の3つの傾向とは?

薄毛で悩む女性

 

びまん性脱毛症は、主に女性のホルモンバランスが乱れが原因で起こる薄毛です。

 

 

そのホルモンバランスの乱れを起こす原因は様々ですが、下記のようなものが多いです。

 

 

  • ストレスによる影響
  •  

  • 加齢による影響
  •  

  • 極端なダイエットによる影響

 

 

その他、細かいものを含めるとホルモンバランスに影響を与えるものはたくさんありますが、よくある原因が上記3つです。
これも消去法で考えれば、何が原因なのか絞ることができます。

 

 

加齢は人間にとって避けられないものですが、細胞の老化がまだ始まっていない10代や20代前半の女性の場合は当てはまりません。

 

また、極端なダイエットというのは10キロ以上の減量を3ヶ月以内で短期間に行った場合があてはあります。

 

 

もし極端なダイエットもやっておらず、年齢も10代〜20代前半ぐらいということでしたら薄毛の原因はストレスの影響が一番可能性が大きいです。

 

 

ただ、「普段そんなにストレスに感じることはない。それなにに薄毛になる!」と思う人もいると思います。
それは、次に説明するストレスの種類で説明します。

ストレスは大きなストレスと小さなストレスに分かれ影響の受け方も個人差がある。

ストレスを感じる女性

 

ストレスといってもいろいろな種類のストレスがありますが、大きく分かれて

 

 

  • 大きいストレス
  • 小さいストレス

 

 

の2種類に分けることができます。

 

 

大きいストレス

人間関係(親の不仲、親子の不仲、学校や勤め先で合わない人がいる)恋人とうまくいかない。
将来への不安、お金の不安、健康の不安など
薄毛の髪を鏡で見てショックを受ける。薄毛で将来を悲観する。

 

※頭でイラッと感じたり、不安に感じることがあればそれは「大きいストレス」といえます

小さいストレス

通勤通学の満員電車。
メールやLINEの返事が遅い。
ネットにつながるのが遅い。
部屋、学校、職場が暑い、寒いなどの環境的なストレス。
甘い食べ物、辛い食べ物などを食べる科学的ストレス。

 

※無意識のうちに感じているストレスのため、頭ではイラついたり不安になることはない

 

 

普段生活しているなかで、人はいろいろなストレスを大なり小なり受けています。

 

実際、頭で「イライラする」「不安だ」という感情を感じれば、それは大きなストレスに分類されます。

 

 

そして、普段ストレスと感じていない何気ない習慣も小さいストレスそして分類されます。

 

薄毛で悩んでいる場合、

 

 

薄毛のストレスによる悪循環

  1. 薄毛になっていること自体が大きなストレスになる
  2. そのストレスが原因でさらに薄毛がすすむ
  3. 薄毛がすすむとさらにストレスになる

 

 

この3つの悪循環に陥っていることが多いです。

 

 

そのため、薄毛がストレスになっている場合は、鏡を見ないなど薄毛がストレスに感じてしまう普段の行動を見直すことが有効です。

 

 

そして、ストレスの影響をどの程度受けるかも個人差があります。
そのため、大きいストレスがあっても薄毛になりにくい人もいれば、小さいストレスだけでも積み重なって薄毛になる人もいます。
これは、生まれ持ったその人の体質であるため、どうすることもできません。

 

 

「不公平だ!」と感じると思いますが、仕方のないことと割り切りましょう。

ポイント1のまとめ

ポイント1では、女性の薄毛の種類と原因を中心に紹介していきました。
ポイントをまとめます。

 

 

  • 女性の薄毛には「びまん性脱毛症」「分娩後脱毛症」「牽引性脱毛症」「円形脱毛症」の4つがある
  •  

  • どのタイプの薄毛かは消去法で削っていけば簡単に判別できる
  •  

  • びまん性脱毛症はホルモンバランスの崩れが主な原因
  •  

  • ホルモンバランスの崩れの大きな原因はストレスでストレスには2種類ある

 

 

次のポイント2では、画像をつかってどの程度の薄毛がびまん性脱毛症の症状になるのかを判別していきたいと思います。

 

女性の育毛初心者は必ず見ておきたいページ

女性の本当に良く効く育毛剤ランキング

 

イクオス女性の効果〜治った体験談〜