女子高生がハゲ治療で病院

女子高生がハゲ治療で病院に行く場合のメリットとデメリット

女医

 

高校生で髪が薄くなり、病院で治療を受ける際、事前に知っておきたいメリット、デメリットについて説明します。

 

 

病院といっても2パターンあり、皮膚科で治療してもらうパターンと、薄毛治療の専門のクリニックで治療してもらうパターンがあります。

 

 

それぞれのメリット、デメリットについて下記表にまとめました。

 

治療法のメリットとデメリット

治療法 メリット デメリット
皮膚科
  • 全国どこにでもあるため、通いやすさが魅力
  • 未成年でも薬を処方してもらえる
  • 病院、担当医によって対応が様々、当たりハズレがある。
  • 薬の効果が弱い
薄毛治療の専門クリニック 内服薬、外用薬の処方はもちろん、育毛メソセラピーなど最新の治療が受けられる。
  • 費用の負担が大きい。月々2万〜3万以上
  • 東京、大阪など主要都市にしかないことが多い
  • 未成年は薬を処方してもらえない

 

 

高校生が病院でハゲ治療を受ける場合、気をつけておきたいのが、未成年でも治療を受けられるかどうかについてです。

 

 

薄毛治療の専門クリニックは基本的に、未成年の治療は親の同伴が必要です。
ですが、髪の発毛成分として使用するミノキシジルが未成年には処方できないため、かなり簡単な治療しかできません。
そのため、診察は受けることができても、薄毛の改善まではなかなか難しいのが現状です。

 

 

逆に、皮膚科になると未成年でも親同伴でなく、診察してくれ薬もだいしてくれます。
ですが、処方される薬がかなり効果の薄いものであることがほとんどなので、こちらも薄毛が治ったという状態までもっていくには難しいです。

 

 

 

つまり、未成年の女子高生のハゲは、皮膚科にいこうが専門のクリニックに行こうが、あまり回復は期待できないということになります。

 

 

 

では、どうするかということになりますが、ここで2つの選択肢があります。

 

 

  • クリニックの治療でちゃんとした薬を処方してもらえる20歳になるまでまで待つ
  •  

  • 自宅で育毛サプリと育毛剤で治療する

 

未成年の女子高生のハゲ治療は今は自宅で行うのが現実的かつ効果的。

育毛剤と育毛サプリ

 

高校生で薄毛に悩む女性は、20歳まで待つという選択肢を選ぶ人はいないと思います。
10代で薄毛を治し、髪のことを考えなくてもいい高校生活を送りたいですよね。

 

 

そのため、ここでは自宅で行う育毛サプリ+育毛剤を使った治療について説明してきます。
まずは、メリットとデメリットについて。

 

 

治療法のメリットとデメリット

治療法 メリット デメリット
自宅で育毛剤+育毛サプリメント
  • 薄毛治療のクリニックに近い治療が自宅でできる。
  • だれにもバレず、1人で治療ができる。
  • クリニックの治療に近い治療ができる
効果のある育毛剤、育毛サプリは大抵ネット販売のため、購入する手間が多少ある。

 

 

 

やはり、最大のメリットは自宅で1人で治療ができるという点です。
薄毛の悩みは、できれば誰にも相談せず、1人で解決したいと思う人は多いと思うので、まずここは大きいです。

 

また、うまく行けば治療費も1万円以内とコストパフォーマンスに優れているのも魅力的ですね。

 

 

また、いまの育毛サプリ、育毛剤はクリニックの治療と近い方法で治療できるので、へたに皮膚科にいって薬を処方してもらうよりは全然効果が期待できます。

 

実際に育毛サプリ、育毛剤で治療した画像を見てみましょう。

 

 

育毛サプリと育毛剤で治療した女子高生

イクオス女子の効果

 

 

 

上記画像は、育毛サプリ+育毛剤で薄毛を改善した女子高生の例です。

 

 

病院で治療するのも選択肢としてはありですが、まずは自宅でできることをやってみてダメなら病院にいくのが今はベストです。
お金も思ったほどかからず、高校生でも購入できる価格帯でもあります。

 

 

実際に育毛サプリ、育毛剤で薄毛を治した女子高生の体験談レポートについては、下記ページを参考にしてください。

 

 

>>女子高校生のハゲに育毛剤イクオスの効果が凄かった

 

 

女性の育毛初心者は必ず見ておきたいページ

女性の本当に良く効く育毛剤ランキング

 

イクオス女性の効果〜治った体験談〜

 

女子高生の薄毛ハゲの原因と治った方法