女子高生 ハゲ 治す

【画像】若ハゲが治った女子高生の対策法とは?

イクオス女子の効果

 

 

上記画像は、実際に育毛剤を使って若ハゲを治した女子高生の例です。

 

 

  • 「女なのに薄毛で悩み毎日が憂鬱。悲しい。」
  •  

  • 「好きな髪型にもできないし、みじめに感じる。」
  •  

  • 「外に出ても周りの視線が気になり怖い。」

 

 

10代で髪が薄くなると、このようにネガティブな気持ちになりますよね。

 

 

ここでは、画像の女子高生のように若ハゲを治すにあたり、失敗しないようにするための注意点を説明します。
10代の女子高生のような年齢だと薬や育毛剤の効果がでやすいので若ハゲは治すことができます。

 

 

ただ、治すことはできますが間違った対策をすると治るものも治らなくなります。

女子高生のハゲ、薄毛はびまん性脱毛症がほとんど

ハゲの女子高生

 

詳しい説明に入る前に、前提としてこれから説明する内容は「びまん性脱毛症」という女性で一番多い薄毛の症状であるという前提でお話します。

 

 

女性の薄毛には他にも

 

  • 分娩後脱毛症(ぶんべんごだつもうしょう)
  • 牽引(けんいん)性脱毛症
  • 円形脱毛症

 

 

がありますが、上記3つの脱毛症はかなり限られた条件で発症する薄毛なので、女子高生の薄毛についてはあまり関係ない人がほとんどだからです。
詳しく知りたい人は下記ページを参考にしてください
>>高校性(女)のハゲ薄毛の原因と5つの対策ポイントとは?

 

 

びまん性脱毛症とは、下記画像のような薄毛の状態をさします。

 

 

【画像】分け目がハゲてきた女子高生(びまん性脱毛症)

分け目が薄い女子高生
分け目が薄い女子高生

 

 

【画像】つむじハゲ、てっぺんハゲになった女子高生(びまん性脱毛症)

つむじが薄い女子高生

女子高生のハゲが治るために守りたい3つのこと

約束するクリニック

 

ここで、女子高生のハゲを治すために知っておきたい3つの注意点を説明します。

 

 

  1. シャンプーを変えるのは意味がない
  2.  

  3. 市販の育毛剤はNG
  4.  

  5. サプリ(栄養剤)を使って内面から治すのが正解

 

 

シャンプーを変えるのは意味がない

 

薄毛に悩む人は、シャンプーから対策をとろうとしがちですが、シャンプーを変えたところで薄毛は治りません。

 

 

びまん性脱毛症の原因はホルモンバランスの崩れからくる症状なので、シャンプーを変えたところでホルモンバランスが正常になることもないからです。

 

 

女性の若ハゲの改善に成功したほど、シャンプーにはほとんどお金を使っていません。

 

 

市販の育毛剤はNG

 

薄毛、ハゲ対策といえば育毛剤。
そして、育毛剤が売っている身近な場所といえば、ドラッグストア。

 

 

市販の育毛剤は買いやすく値段も手頃なために、つい試しに使ってみようという気になりますね。

 

 

ですが、市販の育毛剤は、ミノキシジルが配合されているリアップジェンヌのような育毛剤以外は基本的に女性のハゲを治すのに効果はありません。
そして、リアップジェンヌは未成年は購入できません。

 

 

また、育毛剤だけで治そうとするのも間違いです。
次のポイント3で説明する内面からの体質改善が、一番重要です。

 

 

サプリ(栄養剤)を使って内面から治すのが正解

 

女性の薄毛(びまん性脱毛症)の改善のベースとなるのは、頭皮につける育毛剤の使用ではなく、内面から体質を改善することで治すサプリ(栄養剤)の使用です。

 

 

女性の薄毛は、ホルモンバランスを整え体質を元の正常に戻すことが基本ですので、サプリ(栄養剤)の使用は必須です。

 

 

女性のハゲを治す方法 | 病院や薄毛治療専門のクリニックではどうやっているのかを知ることは大事。

クリニックの女性

 

ただ、やみくもにシャンプーを変えたり、食べ物を変えたり、適当な育毛剤を試しても非常に効率が悪いです。

 

 

一番効率のいいハゲ対策は、薄毛治療の専門家はどういった対策をしているのかを知り、それにそった対策を自分のできる範囲で行うことです。

 

 

女性の薄毛治療の専門クリニックでは、女性の薄毛を2つの薬と育毛剤を使って治療するのが一般的です。
女性薄毛治療の専門クリニックである聖心毛髪再生外来で使用される女性用に治療薬を見てみましょう。
参考:聖心毛髪再生外来

 

 

  • パントガール
  •  

  • ミノキシジル入りの育毛剤

 

女性用の薄毛治療薬といってもいろいありますが、一番有名なのが上記2つのパントガールとミノキシジルです。

 

 

パントガール
リアップジェンヌ

 

 

パントガールは、栄養剤で飲むことでストレスに強い体質に体を変化させる効果があり、びまん性脱毛症の進行を防ぐ効果があります。

 

 

ミノキシジルというのは、発毛成分、つまり髪を生やす、発毛させるための薬です。
ミノキシジルは、男性の薄毛治療にも使われますが、女性の薄毛治療でも使われます。

 

 

女性の薄毛対策は、パントガールのような栄養剤の使用とミノキシジルのような外から塗る育毛剤の同時使用が必須です。
パントガールだけとか、ミノキシジルだけ、では効果があまり期待できないのが現状です。

 

 

だた、ミノキシジルは未成年に処方されない薬なので、10代の女子高生は使用できません。
また、パントガールも1ヶ月分で12,000円以上もする保険の効かない高価な薬なので収入のない女子高生には、なかなか手の届かないものです。

 

 

では、どうするかというとミノキシジルとパントガールの代用になる、もっと安いものを使うという選択肢があります。

10代女子高生でも使えるパントガール、ミノキシジルの代用とは?

イクオス

サプリと育毛剤がセットのイクオス

 

 

今は、パントガールとミノキシジルの代用となる育毛剤とサプリのセットがネットで購入できる時代です。

 

 

最初に紹介した下記画像も、サプリと育毛剤のセットのイクオスでハゲを治しました。

 

イクオスの効果ビフォーアフター

 

 

 

また、サプリとミノキシジルと同時に使用することで、約2〜3ヶ月の短期間で治すことも可能で、費用も1万円以内でおさまることも可能です。

 

 

サプリにはパントガールとほぼ同じ成分が含まれており、育毛剤にはミノキシジルと同じ効果のある成分がふくまれているため、薄毛治療の専門クリニックと同じ容量で女性の薄毛を対策することが可能です。

 

 

イクオスを使った女子高生の薄毛改善の体験レポートや失敗しない育毛剤については下記ページが参考になります。

 

>>イクオスを使った女子高生の薄毛改善体験談のレポート

【まとめ】迷うよりまず行動を!薄毛改善は10代が一番治りやすい。

ハゲが治った女子高生

 

女性の薄毛治療は、10代が一番治りやすい時期なので、迷っているよりまず行動することが大事です。

 

 

育毛だけでなく、一般的な薬もそうですが、20歳以降はどんどん薬やサプリの効果がでにくくなります。

 

 

そのため、髪が薄いと気になってきたら、その時にすぐ行動をおこし対策を始めるのが賢い選択です。

 

 

 

また、女性の薄毛は男性と違って、一度治ると特に対策を継続しなくても増えた髪を維持することができます。
男性の場合は、育毛剤を使用し続けないと薄毛に逆戻りしますが、女性の場合は逆戻りすることは少ないです。

 

 

治るうちに治し、1日も早く髪の悩みから開放され、普通の女性の生活を取り戻しましょう!

 

 

育毛剤イクオスを使った女子高生の薄毛改善の体験レポートはこちら

イクオス女性の効果〜治った体験談〜

 

【2018年最新】10代女性でも使える、本当に効果のある育毛剤ランキング!はこちら

女性の本当に良く効く育毛剤ランキング

 

 

育毛初心者で1から女性の薄毛対策を詳しく知りたい人はこちら

女子高生の薄毛ハゲの原因と治った方法